がん保険のメリットとデメリットを知ろう

がん保険のメリットとデメリットを知ろう がん保険を比較検討して選ぶとき、そもそものがん保険のメリットとデメリットを知っておくと良いでしょう。

メリットとしては、がんの診断がおりた時やその為の入院を余儀なくされたときに、一時金として給付金が受けられるということです。
この給付金はまとまった金額のもので、診断時に1回だけ支払われるものと再発時に再度支払われることもあるものなどがあります。
さらにこの給付金は早い段階で支払われるので、健康保険では対象にならないがんの最新治療を受けることにも間に合います。

もうひとつのメリットは入院給付金の日数が定められていないので、一般の医療保険のように保障される入院日数に制限がないことです。
長期にわたっての入院もしっかり保障されるのです。

デメリットとしては、がん保険は「がん」に特化した保険なのでがん以外の病気には保障が付きません。怪我に関してもも同じです。
ただ、特約として何らかの条件をつけることにより怪我や病気にも保障がつくものもあります。

また、死亡の際の保障というより、がんの治療に専念できるようにという目的の保険ですので、死亡保険金が一般的に少額になっています。
死亡に対する保険には別に入る必要も出てきます。

そういったことも踏まえて、最終的には保障の内容と保険料を考慮しながら必要な保険を選んでいくと良いでしょう。キレイモキャンペーン

最新ニュース